中学受験の理系科目強化

プロフィール

小学6年生

自宅から遠い大手進学塾には通わず、難関女子中学校に合格したい。

現在の塾は本人も保護者も気に入って通っているが、中学受験への対応は万全とは言えない。

指導カリキュラム

偏差値40を60にアップさせるため、理科嫌い女子をリケジョに変身させようというテーマで臨む。

理科においては、中学受験用問題集や参考書にとどまらず、理科事典、資料集、一般向けの新書、インターネットなども駆使して興味を持ってもらうと、受験用の参考書や問題集は易しく感じられるようになり、取り組みが積極的になります。算数においては、分からないところは学年をさかのぼってでも、根本的な理解を目指して指導し、小さなつまずきを徹底的に排除していくことに重点を置きます。

模試で苦手にしていた理系科目の成績向上が認められた時点で、志望校の過去問への取り組みを開始。実戦力をつけていくことに重点を移します。そこまで順調に進んできても必ずスランプはやってくるので、息抜きの必要性をアドバイスしたり、その時点での最優先事項を示唆し、常に前向きに取り組んでもらえるよう配慮も忘れず、充実した受験勉強ができるよう、指導者とアドバイザーが一丸となって取り組みます。


小学生のフルオーダーカリキュラム例