学校の物理の成績を上げる

プロフィール

高校2年生

国立大学工学部志望。

高2の2学期になって、定期試験を問題の丸暗記で乗り越えていたため、いよいよ学校の授業もわからなくなってきて、このままではまずいと塾に行くことになったが・・・。

指導カリキュラム

学校の問題集のリードαは、手に負えないため、河合出版のらくらくマスター物理を購入して、最初の力学から授業をおこなっていった。学校でも1年では物理基礎を習い、2年生でも物理はそこまで進んでいなかったため、通常の授業と夏休みに追加の受講を16回取りオンラインで実際に生徒が手を動かして解き進めたため、2学期には学校授業に追いつくことができた。
2学期より、学校の問題集のリードαを実際に用いて授業を進めることになった。

難しい単元はらくらくマスターも用いて理解してからリードαに進むことで、学校の授業も理解できるようになり、定期試験にも対応できるようになった。


高校生のフルオーダーカリキュラム例