学習サイクル

授業のない日を活用して、指導時間の効率を飛躍的に上げています。先生は、受講生の解答データ(記入履歴)を事前に確認できるシステムであるため、授業の日は受講生がつまづいたポイントの指導からスタートすることができます。限られた時間の中で指導効率を高める秘密は授業がない日にあります。

一般の家庭教師より
授業時間を有効に使える
のが特徴です!

図

授業の流れ

  1. STEP01

    専用システムに入室
    時間がきたら、ワオティーチャー専用の授業システムに入室します。パソコンに接続されたヘッドセットで会話し、画面に映るお互いの顔を見ながら授業は進められます。
  2. STEP02

    課題の解説を受ける
    パソコンに映る添削済みのノート画面を見ながら説明を受けます。ノート画面に先生が解説を手書きで加えていく様子がリアルタイムで確認できるため、細かいグラフのニュアンスや記述問題の途中式などが分かりやすく理解が深まります。
  3. STEP03

    問題を解く
    受講生はデジタルペンを使用して問題の解答をデジタルノートに記入。デジタルペンを専用のペン立てに差し込むと回答データが離れた場所にいる先生に転送されます。問題を解いている間、先生は受講生の表情や姿勢を確認しています。
  4. STEP04

    指導を受ける
    先生の元に届いた受講生の手書き解答データを互いのパソコンで共有。画面を通して先生が指導を行います。受講生の様子を見ながら、分かりづらい箇所についてはその場で先生が丁寧に説明。理解できるまでじっくりと指導します。
  5. STEP05

    授業の振り返りと宿題確認
    授業内容を確実に定着させるために、学習ポイントや間違えた箇所などを振り返り、授業で理解した内容を改めて確認します。最後にその日の理解度に応じた宿題が出され、次回の提出内容を確認して授業が終了します。
  6. 完了

    宿題をして次回の授業へ